成蹊大学
◆◇◆◇◆◇◆◇
理工学部 菅原 一輝助教が11th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy&Environmental Technologies(APCSEET2017)においてBest Poster Awardを受賞しました
◇◆◇◆◇◆◇◆
 理工学部物質生命理工学科 バイオエレクトロニクス研究室(鈴木 誠一教授)の菅原 一輝助教が、3月6日から10日の期間でインド、ビハール州、パトナで開催された“11th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy&Environmental Technologies(APCSEET2017)”において研究発表を行い、Best Poster Awardを受賞しました。

 受賞内容は以下のとおりです。
学会名:
11th Asia Pacific Conference on Sustainable Energy&Environmental Technologies(APCSEET2017)

開催日:
3月6日〜10日

会場:
インド Bihar Agriculture Management an Extension Training Institute Convention Centre

受賞名:
APCSEET2017,Best Poster Award

受賞者:
菅原 一輝(理工学部助教)

著者:
菅原 一輝、鈴木 誠一(成蹊大学)

論文題目:
Evaluation of Impact of Arsenic Accumulation on Behavior of Essential Nutrient in Arsenic Hyper-Accumulating Plant,/Pteris vittata/for Phytoremediation of Arsenic Contamination

戻 る | トップへ | 私立トップへ

copyright(C)seikeiuniv.all rights reserved.