中央大学
◆◇◆◇◆◇◆◇
理工学部教授 中村 太郎:蠕動運動ロボットが日経産業新聞に掲載
◇◆◇◆◇◆◇◆
理工学部教授(精密機械工学科)中村 太郎の研究が、1月9日付日経産業新聞に掲載されました。

 記事では、従来の金属などの硬い素材のロボットと異なる「柔らかいロボット」の可能性について触れ、その中で、中村教授の研究成果の一つであるゴム製の蠕動運動ロボットが紹介されています。このロボットは、人間の大腸を再現した蠕動運動を行うロボットで、セメントなど粘度の高い液体を垂直方向に搬送することができ、物質を揉むように混ぜることもできます。

 ご興味をお持ちの方は、以下URLのリンク先をご覧ください。

詳細は下記URLをご覧ください。
バイオメカトロニクス・中村研究室
中村太郎の研究シーズ(シーズデータベース)
http://www.chuo-u.ac.jp/research/institutes/science/news/2018/01/65423/ (外部サイトへ移動します)

戻 る | トップへ | 私立トップへ

Copyright (c) DJC All Rights Reserved.